Q社/文書
BCPの一環として機密文書を災害から守りたい

お客様の課題・相談内容

企画書、契約書、決算書類、顧客名簿など、機密文書の保管においては、セキュリティは当然のこと、耐災害性へのニーズが一段と高まっています。ソフトウエア開発を行うQ社でも、地震などの防災対策の見直しを行う中で、企業経営の根幹ともなる商品開発資料について、BCPを踏まえた管理方法を検討されていました。

当社のサービス&ソリューション

解決のポイント(1)

「羽生アーカイブズ第2センター」は、国内最高水準の耐災害性・セキュリティ設備を有する文書保管専用施設です。災害リスクの低い立地で、地震被害を抑える免震設計となっており、停電時でも業務に支障をきたすことがない自家発電装置を備えるなど、万一の災害時も事業継続を支えるインフラが充実しています。重要文書の保管は万全の環境を整える当社にお任せください。

非常用自家発電装置

耐震構造+免震装置の安心構造

解決のポイント(2)

当センターは東京都心から約60㎞圏に位置し、都心で地震等の災害が発生しても同時被災を免れることができ、リスクの分散が可能です。また、羽生ICから車でおよそ15分とアスセスも至便です。前日オーダーで翌日集配の体制を確立し、都心の倉庫と変わらないリードタイムの集配サービスを提供しています。また、緊急の場合は当日配達にも対応し、迅速なお取り寄せが可能です。

羽生アーカイブズロケーション図

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • インターネットでのお問い合わせ