M社/大型重量機械
規定サイズに収まらない重量・長尺貨物を航空輸送したい

お客様の課題・相談内容

M社から輸送を依頼された貨物は、重量15,770kg、サイズ518×169×195cmの大型機械で、通常は海上輸送するところ「納期上、航空輸送したい」との要請でした。重量が非常に重いため、通常の方法では航空輸送ができないケースでしたが、当社は航空会社と協議を重ね、搭載方法等を変更することで航空輸送を実現しました。

当社のサービス&ソリューション

解決のポイント(1)

輸送に際しては、航空機の耐荷重の問題(通常14トン程度に対し当該貨物は約16トン)をクリアする必要がありました。解決に向け、航空会社と綿密な打ち合わせを実施し、ゲタの取り付け数や位置を工夫するなどして、床にかかる重量を分散するなどの工夫を施しました。

重量・長尺貨物のULDビルドアップ作業

重量・長尺貨物のULDビルドアップ作業

解決のポイント(2)

元々運航していた航空機は、当貨物の搭載ができないタイプでしたが、航空機の機材変更についても航空会社と折衝、機首が開く機材に変更する事で搭載を可能にしました。このような対応は、航空会社との永年の信頼関係があるから成し得たことで、当社が強みとしている点です。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • インターネットでのお問い合わせ