A社/映像フィルム
温湿度管理が徹底している倉庫を探している

お客様の課題・相談内容

映像フィルムは、温度20℃、湿度55%程度の定温定湿倉庫で保管しても約25年で化学反応が起こり、品質は劣化します。そのため長期保管する場合は、品質劣化を遅らせる徹底した温湿度管理が必要となります。また、セキュリティ面、耐災害性へのニーズの高まりに応える万全な環境を整えることが増々重要視されています。

当社のサービス&ソリューション

解決のポイント(1)

当社は、劣化を飛躍的に遅らせる温度5℃程度、湿度40%以下の「映像フィルム専用冷蔵倉庫」を羽生アーカイブズ第2センター内で提供しており、映像フィルム用倉庫をお探しであった放送局A社にご活用いただいております。当社は、このような保管貨物の特性に即した専用倉庫を多数保有しています。

映像フィルム専用冷蔵庫

解決のポイント(2)

羽生アーカイブズ第2センターは、最高水準のセキュリティ体制、高い耐災害性(免震構造・窒素ガス消火設備等)を備えているため、万一の場合でも映像フィルムなどの情報記録媒体を水濡れせずに安全・確実に保管いたします。「情報資産」の保守・管理は、当社にお任せください。

羽生アーカイブズ第2センター外観

ここにも注目!

「羽生アーカイブズ」は、東京都心から約60㎞圏に位置し、翌日集配体制を取っており、都内と変わらない迅速なデリバリーを実施しています。
また、「平和島アーカイブズ」は、都市型アーカイブズ倉庫で、24時間365日、緊急出庫にも対応しています。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • インターネットでのお問い合わせ