国際輸送事業・荷捌

自分が中心となって動かす仕事が世の中のさまざまな経済活動を支えることを実感 大鳥 萌香 Moeka Otori 横浜支店 輸入営業課 国際関係学部 国際関係学科卒2013年入社

自分が中心となって動かす仕事が
世の中のさまざまな
経済活動を支えることを実感

大鳥 萌香 横浜支店 輸入営業課 国際関係学部 国際関係学科卒2013年入社

現在の仕事内容

食品、衣類、化学製品、大型機械など、幅広い分野のお客様を担当しています。お客様が海外から製品や原料を輸入する際の税関への申告、倉庫や国内輸送の手配、納期の調整など、さまざまな業務を一貫して代行するのが輸入営業の仕事。輸入申告の例で言えば、ボイラーはそれ単体の完成品なのかプラントの鉄部品なのか、どちらに該当するか、セーターであれば編み方や男性用なのか女性用なのか、によって関税の税率が変わります。他にも陶器のランプは、一つの完成品であっても梱包方法や輸入書類の記載内容によっては、陶器と電気製品に分けて申告する必要があるなど、法律に基づいて的確な判断することが求められます。
輸入申告だけでなく納期や輸送プランに関しても、お客様にとって最適な手段・方法を提案することが私たちの役割ですので、税関への相談を事前に行い、船が入港するコンテナヤードや倉庫の担当者、国内配送を行う運送会社など関係各所との連携を密にし、さまざまな知識を学ぶ必要があります。段取りを完璧にしても、荒天による入港の遅延、税関検査での予期せぬ問題の発生など、さまざまなトラブルはつきもの。納品が無事に完了するまでは気を抜けません。

印象に残った仕事

入社して数ヵ月、定期的に取り扱っているコーヒー豆の輸入手続き、国内配送の案件で経験したこと。通常は港に着いたコーヒー豆をひとまず当社の倉庫に保管し、国内の需要を見ながら段階的に各地に配送するという流れなのですが、その日は、港から配送先に直送との指示。いつもどおり倉庫への輸送として手配していたため、気が付いた頃には貨物は倉庫へ到着してしまうという大失態をしてしまいました。輸送車両の手配を当日行うことは大変なのですが、運送会社と倉庫側の協力を得ることができ、なんとか納入日中に配送先まで納品することができました。
確認漏れや手配漏れがひとつあるだけで、お客様だけでなく関係する多くの協カ会社にも迷惑をかけてしまうのがこの仕事で、自分ひとりでは成り立たないことを実感し、感謝の気持ちを新たにした出来事でした。

キャリアパス

2013年
4月

2013年4月

自分の“得意”を活かせる仕事を

学生時代はサークルの財務担当としてリーダーをサポートすることにやりがいを感じ、人が気付かない点に気付くことも得意でした。自分のこうした特性を考えると「独自の目線を発揮して活躍できる仕事が向いているかも」と当社を志望。大学時代の友人には国際機関や外交官を目指す人が多く、海外と関係する仕事に対して自然と目が向いていました。

2013年
4月

2013年4月

社会の中での役割を実感

香料メーカーを担当。香りひとつにとっても組成や用途がさまざまあることを知りました。一つの製品が完成するまでには、輸入をはじめとした複雑な過程があることに気づいたとも言えます。以来、自分が関わった製品が広告に登場し、店頭に並ぶ様子を見ると嬉しくなりますね。

2014年
12月

2014年12月

駐在を含むさまざまな業務を経験したい

学生時代にタイに半年間留学し、初歩のタイ語を習得しました。業務でタイ語の通関書類をたまに見かけますが、部分的にでも意味が分かると嬉しくなります。私はまだ荷捌業務しか経験していませんが、当社には海外トレイニー制度や、国際輸送など国を跨いでの仕事があるので、仕事をとおして視野を広げるとともに、多様なスキルを身につけて着実にステップアップしていきたいと思っています。

プライベート

休日にはタイ語のCDを間いてレベル維持に努めています。タイ語の発音が好きであることに加え、タイ製品の輸入に関われていることもモチベーションの維持につながっています。また、スポーツも好きで、昨年はスキューバダイビングのライセンスを取得したのでこれからいろいろな国で潜れるのが楽しみです。大学時代には多くの国を旅して多くの人々の生き方に触れ、小さい世界で考えている自分の価値観を改めることができました。入社してからも夏季休暇を利用してチュニジア旅行へ。こういった楽しみがあると、メリハリが効いて仕事も頑張れます。

私の求める人物像

私の求める人物像

「自分が譲れないポイント」を明確に!

就職活動では、社会の中の「業界」や会社の「業種」ばかりに目が行きがちですが、実際には一つの会社でも様々な業務を行っていて、必ずしも「業種」がその会社全てを表しているとは言えません。例えば倉庫会社には倉庫業以外にも、ターミナル運営、通関業、国際輸送、不動産など様々な部門があり、それぞれ取引をする相手や扱う商品が異なります。「業種」にとらわれず、どのような仕事をしたいのか「働き方」をしっかりと考え、「自分が譲れないものはこれだ」というポイントを見つけたら貫くことが大切です。そうして出会った仕事であれば、どんな課題にも信念をもって前向きに取り組み、キャリアアップにつなげることができると思います。