太陽光発電システムの導入

南港東倉庫では太陽光発電システムを屋上に設置し、省エネルギーを実現しています。
発電量は年間約30万kWhを想定し、同倉庫における消費電力の10%を賄う計画です。これは、二酸化炭素に換算すると年間約96.6トン(原油換算:年間4,330缶(18リットル缶))の削減量に相当し、56.8ヘクタールの森林(甲子園球場のグラウンド面積の約43.7倍)と同等の役割を果たすことになります。

<太陽光発電システムの概要>

パネル1枚あたり 大きさ 1.44m×0.81m
重量 14kg
パネル枚数 1,628枚
総面積 約1,900m2
総重量 約22,800kg
発電容量 300kW