住友倉庫

住友倉庫グループ企業行動指針

住友倉庫グループは、住友の事業精神 に立脚し、創業以来、百有余年にわたり培った信用と実績をもとに質の高い物流・不動産サービスを提供することにより広く社会に貢献します。
今後も当社への信用を確固たるものとし、また、企業としての社会的責任を果たしていくために、グループ各社に所属する者一人ひとりが実践すべき行動指針を制定します。

1. 法令等の遵守
国内外の法令及び社内規則等の遵守はもとより、社会規範、企業倫理に基づいた事業活動を遂行する。
2. 人権・人格の尊重
住友倉庫グループの事業活動に直接的・間接的に関わる全ての人の人権・人格を尊重し、人種、国籍、信条、性別、年齢、信仰、出身、心身の障害等による差別をしない。
3. 顧客・取引先との健全な関係の確立
顧客・取引先とは公正、透明、自由な競争に基づく取引関係を維持する。また、政治・行政との健全かつ正常な関係を保つ。
4. 社会とのコミュニケーション
株主・投資家、取引先、地域社会等様々なステークホルダーとのコミュニケーションを図り、積極的かつ公正な情報開示を行う。
5. 環境の保全
地球環境の保全に自主的、積極的に取り組む。
6. 地域社会への貢献
地域経済・文化の発展が住友倉庫グループの事業活動の基盤であることを認識し、地域社会との良好な関係を維持し、その地域の発展に貢献する。
7. 職場環境の整備
従業員の能力を高め、人格、個性を尊重する働き方を実現する。また、健康と安全に配慮した働きやすい職場環境の整備に努める。
8. 情報の管理
住友倉庫グループの事業活動において知り得た秘密情報及び個人情報について、第三者に漏れることのないよう適正に管理するとともに、無断で第三者へ開示しない。また、自己や第三者の利益のための不正使用等は一切行わない。
9. 反社会的勢力との対決
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては毅然とした態度で立ち向かう。
10. 国際性を持った事業活動の推進
海外ではその国の法令を遵守することはもちろんのこと、文化及び慣習を尊重し、現地従業者、取引先等との良好な関係を構築・維持し、事業活動を推進する。
お問い合わせ