コーポレート・ガバナンス

当社はコーポレート・ガバナンスについて、当社の経営を規律し、企業価値ひいては株主共同の利益を向上させるための重要な経営課題と位置付けており、これまで社外取締役の選任、取締役数の削減、執行役員制度の導入及び取締役の任期短縮など経営組織の改革を行ってまいりました。

引き続き、監査役による監査機能を重視するとともに内部監査組織の充実を図り、コンプライアンス、リスク管理及び財務報告に係る内部統制体制の整備を推進し、コーポレート・ガバナンスの一層の強化に取り組んでまいります。

コーポレートガバナンス