環境貢献事業への参画

当社は、CSRの取組みの一環として、平成25年秋からメガソーラー事業『大阪ひかりの森プロジェクト』に参加しています。
このプロジェクトは、大阪市が約15ヘクタールを無償提供する夢洲の廃棄物埋立処分場において、大阪市・住友商事株式会社・三井住友ファイナンス&リース株式会社及びサミットエナジー株式会社が共同で実施主体となって行う、発電容量約10メガワットの大規模太陽光発電(メガソーラー)事業です。
当社は、本プロジェクトを通して、再生可能エネルギーの活用での地球環境保全への貢献とともに、土地の有効活用での地域社会活性化への寄与を目指していきます。

メガソーラー事業の概要

実施場所  大阪市此花区夢洲1区の廃棄物埋立処分場のうちの約15ヘクタール
実施期間  平成25年10月から20年間
発電容量  500kW(当社出資分:標準的な家庭の電力消費量の約160世帯分に相当)




≫大阪ひかりの森プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。